ワイン

国産ワインと日本ワインについて

日本ワインのラベルの見方

国産ワインは、長らく安かろう悪かろうといったイメージで、やはり外国のワインが美味しいよね、というのが常識でした。これは一部のワインが、海外から輸入した濃縮ぶどう果汁を水で戻して醸造して作られているためです。この方法だとクオリティの高いワインにはなりません。
しかし、近年日本でも素晴らしい作り手達がとても美味しいワインを作っています。これも従来の国産ワインと同じようにくくられてしまうのは困りものです。

ヨーロッパでは、ワインの作り手とブランドを守るために厳しい規定を定めています。原産地を呼称するときには、その地域で作られたブドウを使うとか、使えるブドウ品種、醸造方法などの基準をクリアしなければなりません。そのため消費者はラベルを見るだけで、クオリティの高いワインを選べるのです。
日本では、遅れに遅れ、2015年に「果実酒等の製法品質表示基準」が交付され、2018年10月に施行されました。日本版ワイン法と呼ばれるものです。

日本ワインは、国産ぶどうのみを原料として日本で醸造されたワインを指します。輸入したぶどうや濃縮果汁は使うと、名乗ることはできません。

さらに、地名を名乗ることもできます。「東京ワイン」とか「東京醸造ワイン」といった具合です。使用するぶどうや醸造する場所にさらに基準が追加されます。

すでに、世界的なワインコンクールで優勝する日本ワインも登場しています。ニューワールドのコスパのよいワインと比べると厳しいかもしれませんが、それでもとても安くて美味しい日本ワインもたくさんあります。

PAGE TOP